みなさ〜ん! お久しぶりで〜す!!!

 

随分と長く更新が滞ってしまい申し訳ないですm(_ _)m

 

約2ヶ月ぶりの更新となりましたが、この間に東大の入試が終わりましたね

受験生の皆さん、お疲れ様です!

 

私自身も東大生ですので、かつては東大入試を経験しました。

 

あの日は紛れもなく、人生で一番震えた日でした。

 

特に最後の教科である英語の試験前、この結果次第で全てが決まるという事実を考えてしまうと、本当に全身が震えました。比喩などではなく、本当に震えていたのです。それほどまでに緊張しました。

 

受験生の皆さんは本当に大変だったと思います。自分で経験しているので、一層大変さがよくわかります。

 

そして、受験勉強が終わった今、もう気持ちが新しい大学生活に向いていて、期待を膨らませている人もいるでしょう。そのような人たちの中には、大学生になったら塾講師や家庭教師をやりたいと考えていることも多いことでしょう。

 

そんな人たちのより良い塾講師ライフを実現し、大学生活をより良いものとするために、僕のブログが役に立てばと思うのです!

 

だから、今日久しぶりの投稿を決意したのです!!!

 

(嘘です、単に忙しくて更新がおろそかになってただけです)

 

でも、ぜひ大学生予備軍の皆さんや、現役大学生の皆さんには僕のブログを読んでいただきたいです。そして、アルバイトを選ぶ上で役立てていただけると幸いです。

 

 

さてさて、前回までの記事では、個別指導塾のメリットを紹介してきました。

今まで紹介したものをもう一度おさらいすると

メリット① そこそこの高時給とシフトで稼げる!

メリット② 講習で荒稼ぎ!

 

シフトや講習を工夫すれば、集団指導塾にも引けを取らないほどの稼ぎを得ることができます。

 

今回は、さらにまた別のメリットを紹介します!

 

メリット③ 生徒との距離が近い

 

集団指導塾では、大人数の人々を同時に指導するので、たかだかバイト生が、自分の授業を受ける全ての生徒のことを理解し、親密になることは難しいです。

 

一方、個別指導塾では、一人の生徒に対し一人の先生がつきます。当然授業の中では、会話の時間などもあり、生徒と先生の距離が近く、親密になることができます。

 

私の場合は、大学1年の時に、高校3年生の女子を担当し、彼女がすごくフレンドリーな女の子であったため、楽しくお話をしながら授業を進めることができました。

 

この生徒の授業をする時間が、大変なバイトの時間の中では癒しの時間でした。すごく楽しかったですね〜

(まぁ、先生と生徒以上の関係になることはありませんでしたが笑)

 

でも、同年代の人と話しながら、自分の知っている知識を教えてあげるという体験は楽しいものです。

 

この個別指導塾の先輩の中には、もともとすっごくインキャで、女子と話したことなどほとんどない(東大には男子校出身の人も多いので…)という人がいましたが、この塾で中高生の女子を何人か担当する中で、女子との会話にも慣れて、自身のコミュニケーション能力を向上させることができたという人もいました。

 

コミュ障で悩んでいる人にとっては、個別指導塾でのバイトが意外な解決策になるかもしれないですよ?( ̄∇ ̄)

 

また、一人に対しての授業だと、その人一人に対して、最も必要なことや、効率的な授業展開を考えることができます。

万人受けを狙う集団指導塾の授業に比べ、生徒一人一人のことをよく考えられるので、生徒からの満足度も高まり、さらに親密度が増します。

 

こうなってくると、個別指導塾の虜になり、完全にバイト戦士と化す人も生まれてきます笑

 

自分の生活のどの程度をバイトに捧げるかで変わりますが、私的には、個別指導は集団指導よりは楽で、楽しく、ハマりやすいと思いますね。

 

さて、今回までは個別指導塾のメリットを紹介しましたが、次回からはデメリットを紹介していきます!

 

それでは、今回はこの辺で〜 (^^)/~~~